外構が得意な業者

チューリップ咲いた

横浜に住む人達はなにか垢抜けてお洒落な人が多いと言われます。なかなかこうしたことは定量的には把握することはできませんが、確かに生活感性が高く、様々なことに気をつかって、こだわりをもって生活している人が多いことに気づかされます。横浜のようなお洒落な町に住みたいと思うお洒落に敏感な人が集まるから結果としてそうしたレベルの高い人たちが住む町になったともいえます。こうした横浜の街ですから、流行に敏感な消費者が多く、新しいトレンドおこの街から多く生まれることが多いのです。物販のお店も料飲店もそうした顧客に気を使うようになりますから、益々流行を先取りし、ディテールにまでこだわりをもった商品やサービスを提供するようになるというわけです。

横浜は幕末以来日本に新しい仕組みや商品を多く紹介し販売するさきがけの地となってきました。つまり西欧文化の窓口、いわばゲートキーパー的役割を果してきた街なのです。したがってこの街に集う人たちも常にそうした生活感性と磨きながら長年この地で生きていることから、細かな部分にまで目が行き届くようになっているといえるのです。まさに歴史と文化がこうしたお洒落な完成を支え、磨き続けているのです。またこの街のこのようなテイストがさらに洗練された人を引き付け、移り住む人を増やすこととなりました。このような積み重ねが、今の横浜とそこに住まう人たちのレベルの高さといったものを醸成してきているのです。正に街とそこに生きる人との相乗効果が横浜なのです。